注文住宅の予算

注文住宅の予算

注文住宅の予算 注文住宅では、間取りや外観などすべて自由に決めることが可能です。予算は、設計を誰に依頼するかやどのような材料を使うかで全く変わってくるので注意が必要です。
例えば、フローリングとひとことで言っても安いものから高いものまであります。そのため多くの人々が、予算に合わせて材料を選んでいます。また、注文住宅の費用を大きく左右しているのが家の広さです。似たような材料になるでも、20坪と100坪では全体でかかる金額がかなり違います。30から40坪程度の家なら、だいたい1000万円くらいからと予算を考えておくと安心です。それより安いものもありますが、窓のデザインや壁の色にこだわりを持ちたいと思うとどうしても1000万円からになってしまうでしょう。高級住宅街でなく普通の住宅街でも、2000万円以上かけている家があるほどです。費用をどうしても安くしたいなら、若干手頃な建売なども視野に入れて考えることをお勧めします。

土地代や建物の工事費以外にも発生する費用がある

土地代や建物の工事費以外にも発生する費用がある 手に入れる注文住宅の予算を考えるときには、経費の大部分を占める土地の取得費や建物の工事費だけでなく、それ以外に発生する費用のことも考慮にいれなければなりません。
注文住宅を手に入れるまでの過程では、諸費用がたくさん発生します。例えば、土地選びを不動産会社に手伝ってもらった場合は、無事に売買契約が成立した段階で仲介手数料や手付金、登録代などが発生し、購入資金を賄うためにローンを組む際には融資事務手数料や信用保証料、各種保険料、抵当権設定登記料などを支払う必要があります。注文住宅の設計を建築士に依頼した場合は、彼らに設計料などを報酬として支払うことになります。地鎮祭や上棟式など、住宅の建設工事の前後で祭事を行う場合は、儀式を執り行うための経費も確保しておかなければなりません。これらの経費の相場は金額としては一概に言えませんが、発生するお金を最低限で済ませた場合であっても総額の10~15%程度を占めることになる場合がほとんどです。