床下も生かし切るには

床下も生かし切るには

床下も生かし切るには せっかく注文住宅を建てるのであれば、床下も生かし切ることを考えてみましょう。床下は一年を通じて温度が一定しているという特徴があります。一方で、湿度についてはかなり高くなることが普通です。注文住宅における最も普通の活かしかたはやはり収納スペースということになるでしょう。湿度の高さはデメリットになることのほうが多いでしょうが、これは仕切りをしっかりと設けるなどの方法によりある程度は解決することができます。そうすることによって、食料品の貯蔵庫、つまりパントリーのように使うということが考えられるでしょう。

ただ、中に物を入れるときや取り出すとき、床上にあるものよりは作業がしにくいということはしっかりと考えておく必要があります。貯蔵庫ということで、得てして重くかさばるものを入れることが多くなるでしょうが、そういう場合はなおさらです。単に貯蔵設備を設けるだけでなく、使いやすさも考えて位置取りなどを決める必要があるでしょう。

注文住宅を計画したときは収納についてもしっかりと検討することが大切です

注文住宅を計画したときは収納についてもしっかりと検討することが大切です 日常生活の中で物品を保管する場所に困っている人は少なくありません。それだけに注文住宅を建てるとなると収納スペースを多く盛り込んだプランを作ることが、非常に頻繁に見られます。ウォークインクローゼットなどの余裕たっぷりの空間スペースは大変に人気があるのも事実です。

ただ、保管場所が広いと無駄なスペースが増えるという側面があることを忘れてはなりません。マンションであれば、空間に自由度がほとんどありませんので、空間を広くとることに大いに意味があるのですが、注文住宅の場合はデッドスペースが多いですから、そこをうまく使えば保管場所を広くとる必要はないのです。

さらに生活スタイルが変わったり、あるいは家族構成の変化によって保管場所のニーズも劇的に異なってきます。最初から保管場所をたくさん作ってしまったら、それが不要になってしまったときには完全に無駄な存在でしかないことになるのです。適切な収納のあり方をしっかりと考えて、注文住宅の計画を立てることが大切になってきます。